企業を戦略的経営に導く

HomeマークLeap一品製品生産型 DX版

LeapDXは製造業のための経営管理システムです

経営管理システムとは、企業業績を改善する仕組みPDCAサイクル(計画→実行→評価→改善)を マネージメントするためのシステムです。事業計画と業績を比較・分析し、改善を行うための情報を提供し、経営者の迅速な経営判断を実現します。

管理会計で業務を『みえる化』

経営管理システムで、業績を比較・分析するのに利用されるのが、管理会計とよばれる手法です。
財務会計とは異なり、社内向けに業績を判断するために利用され、その中核は予算と実績を
『みえる化』する予実管理とコストを『みえる化』する原価管理から構成されます。

Leap生産管理システムと連動

LeapDXは、Leap生産管理システムで作成される生産計画・生産実績・原価・製番決算などの分散 した情報を管理会計データに統合し、今まで簡単に取得できなかった管理会計データをリアルタイムで 提供します。
☆月末に製番別在庫金額が明確に算出され、正確な月次決算が行えます。(月次の在庫計上を実施)

システムの概要

予算統制を全社的に行い経費削減を実行する

削減の意義や重要性を理解し、全社で取り組む必要があります。 個々の費用の特徴を考慮した上で具体的な施策を立案・実行して、目に見える形を示し、目標・実績を確認します。

正確なチャージにより、見積り原価、製造原価の精度向上を計る

製造経費を削減したら、必ずチャージ(時間当たりの単価)を再計算します。チャージが下がれば利益が増え、
競争力もアップするので、正確なチャージを掴むのは重要です。少なくとも年2回以上チャージの再計算を行います。

改善提案制度により、改善意識を向上

生産性の向上・原価低減・業務改善・作業改善など、
従業員の提案をシステムで『見える化』『見せる化』し、その結果を公正に評価することにより、社員のやる気を
引き出します。

売上げた物件に対して、原価を分析する

売上する製番が原価予算内で完成したか確認します。原価分析表を出力し、赤字内容に対しては会議を開き対策を
講じます。(予算を超えた費目は、次回の生産に向けて
対策案を出し、ムダの発生を防止します。)

受注分析・売上分析を目標に対して分析する

1.受注未決定物件を見積りより検索し、決定可能か判断する。

2.売上未決定物件を注残より検索し、出荷可能か判断
する。

3.受注限界利益・売上限界利益の月別・累計計画と実績を明確にする。

お問合せ

ページTOP